愛する人の自死を通して〜私は生きる〜

父の自死を通して見つめた人生、命、生きる、死ぬ、の探求

命の天秤

人命救助の最前線で、多くの命を見てきました。

災害出動するということは、もはや尋常ではない災害が起きているということです。

火事、事故、犯罪など。

 

あぁ、人の命とはなんて儚くそしてむごく失くなるんのだろうと思うことも、

なんて人の命はたくましいのだろうと思うことも。

 

生きようとした人、

死のうとした人、

助けようとした人、

傍観者であった人々、

現場には様々な表情で溢れています。

 

たくさんの涙を見てきました。

たくさんの涙を…。

 

 

法律を扱う部署に異動になり、現場からしばらく離れました。

企業や学校、お店などしっかり安全に関する法律を守っているか、検査に行きます。

 

お店や企業は、お客さま第一と謳いながらも、その安全面をないがしろにしているところは少なくありません。

 

病院でも老人ホームでも幼稚園でも小学校でもお店でも。

命を預かる施設ですら利益優先、自己都合優先が少なくありませんでした。

 

「だっ、」、「でも」、「お金が」、「人手が」、「時間がなくて」・・・。

人員や資金の問題もあるのは当然ですが、不特定数の人を集めるということは、その一人ひとりの命を安全を確保することが最重要、最優先事項です。

 

お店や病院、宿泊所、娯楽施設に行った際はしっかり確認してください。

ドアの上についている緑に光る誘導灯を。

これは視界がゼロになっても逃げられるように設置されています。

 

少なくない施設は、誘導灯がある最終避難口であるドアの前に商品や荷物を置いたりしています。

災害時、人はここに殺到し、開かなければ積み重なって死ぬだけです。

 

雑居ビルは、とくに危険である場合が多いので要注意です。

漫画喫茶、カラオケ、居酒屋など災害時に避難困難な業態が、避難困難な建物の上層階地階にあるというのは恐ろしいことです。テナント賃料が安いので薄利多売のところが集まるのは当然なのですが、人命を預かっているという意識は希薄です。

 

たとえば病院でも介護施設でも、廊下は避難する際の有効な通路です。

よほど大きな廊下でない限り、そこに大きな長椅子やロッカーなど置いたら、いざというときに車椅子が通れなかったり、避難の際の障害になってしまいます。

しかし施設側は日常の便利さ、都合の良さを優先してしまうのです。

命の天秤はないがしろです。

 

学校もずさんなものです。

保育園で設備基準が厳しくなるからと、園児の数を少なく見積もっているところもありました。それこそ命最優先で考えるべきなのに・・・。

 

自分たちが運営している消防法違反の施設に自分の大切な人が訪れるかも知れないのに・・・。

人は命が失くなるまで、命の天秤が軽く見られがちです。

 

とりあえず、お店や病院などの施設に入ったら誘導灯の下に何も荷物が置いていないことだけは確認しましょう。

 

そして雑居ビルで上階地階での飲食や娯楽は十分気をつけましょう。

近づかないことが一番の安全策ではありますが。

あくまで私見ですが、安全対策が正しくされていないところは他の部分もずさんです。

飲食を扱う業態では衛生面など。

根腐れしてしまうと、その先の葉っぱも花も枯れてしまうのです。

 

大切な人に伝えてあげてください。