悲しみは海より碧く、深く〜suicide story〜

父の自死。私の人生。新たな命。苦悩、喜び、葛藤、そして生きるということ、死ぬということ。

「ご自愛ください」の言葉に含まれる意味

「ご自愛ください」

自死遺族になってはじめて言われた言葉で、私もメール等で使うようになった言葉。

 

はじめて言われたのは、遺族会で知り合った遺族の方からでした。

(※厳密にはその前からSNSでは交流はありました)

 

とても違和感がありました。

第一に、全く聞き慣れない言葉だったからです。

言葉の意味合いはわかりましたが、私の人生の全く無縁の言葉でした。

会社でも仲間内でも、祖父母絵の手紙でも使うことはありませんでした。

読書が好きな方ですが、そこでも目にした記憶はありません。

かと言って初見というわけでもなく…。

病人などに使う言葉なのかなぁという程度の認識でした。

筆不精の私には縁がなかったのでしょう。

 

不思議な言葉です。

 

自死遺族の多くは自責の念にさいなまれる傾向があります。

大切な人を守れなかったと。

救えなかった無念さ…。

 

これは人命救助の前線のプロフェッショナルな隊員でも、全くの他者に対しても抱く感情で、とても深刻な影響をあたえる場合も少なくありません。

 

それは愛する人であれば強烈な感情として残るのは当然です。

そしてそれは自分を責める原因となります。

 

一緒に死んでしまいたい

なんで私は生きているんだろう

なんであの人は笑っていられるのだろう

なんで朝が来るんだろう

なんで地球は回っているんだろう

 

みんな消えてなくなればいいのに…

 

そんなことを私は強烈に思っていました

色の全くない灰色の世界で。

 

そんななかかけられた「ご自愛ください」。

違和感とともに、そんなご自愛する必要のある自分自身なんて1ミリもいないことにあらためて気づきました。

 

もうどうなってもいいと自暴自棄でした。

夜はお酒は浴びるように飲み、タバコを吸い続け、処方された薬は用法用量を守らず、身体を痛めつけるように走り、鍛え…。

 

そんな私に「ご自愛」など全く対極の位置にいました。

 

あなた自身の大切な体なのだから大事にいたわってください

あの人のぶんまで生きるためにも健康でいてください

世の中にはもっと苦しんでいる人がいるんだから元気に前を向いて頑張って生きて

あなたを思っている私がいるから、元気でいたてください

 

私が今のところざっと考えられる「ご自愛ください」に含めれている意味はこの程度です。

 

その人がそんな意味をこめて言っているのかはわかりません。

きっと人それぞれ千差万別の意味をこめているでしょう。

 

使うにしても、私なりの意味をしっかりこめて使いたいと思っています。

使うことはまずないと思いますが。

そして相手が使う場合は、時候の挨拶ていどにお決まり文句だと思い、深く受け止めないこととしています。

 

遺族の人では、私も過去はそうでしたが、恐ろしいほど言葉に敏感な場合があります。

それは当然仕方のないことです。

傷口が新鮮であればあるほど、グチュグチュで触ると痛いものです。

カサブタにならなければ見るだけで痛いのです。

 

言葉に敏感で、刃のない言葉でも刃として受け止めてしまうのです。

今となれば「自死」も「自殺」も私はどうでもいいです。

 

病気で死んだのだから、自らの意思とは違い追い込まれ正常な判断がつかなかったのだから「自ら殺した」のではなく、ある種の病気で死んだのだ。だから「自殺ではなく自死」。

私もそう声高に叫んでいたことがありましたが、今となってはどうでもいいです。

そんな言葉尻をとらえて話し合いたいことなど微塵もありません。

 

「障害者」も「障がい者」も「障碍者」もくだらなすぎです。

障害を抱えている人が障害者でありその人自身の存在が障害なのではありません。

総意味合いで言っている人がいれば、せめてその人に噛み付けばいいものの、「障害者」という言葉尻に噛みつき、不適切だなんて声高に叫んでいる人は、どうなんでしょうか。

 

話が逸れました。

「ご自愛ください」

あなたの体を大切にしてくだい、健康に気をつけてください

それだけのニュアンスで使うことが多い言葉で、きっと深い意味もないでしょうし、

深い意味をこめて使うこと人も少ないでしょう。

 

でも、私は使う場合も受ける場合も違います。

深く受け止めてない場合でも、一旦考えます。

使う場合も一旦考えます。

 

言葉って難しいですね。

難しいからこそ、深く味もあり、色んな思いをこめられます。

虹のような日本語。

使いこなせていないですが、味わい深く大好きです。