読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しみは海より碧く、深く〜suicide story〜

父の自死。私の人生。新たな命。苦悩、喜び、葛藤、そして生きるということ、死ぬということ。

人が死ぬことは問答無用につらい 日本の排他主義社会では順番通りの死でなければ…

人は誰でも死にます。

事故や急な病気以外では、年を召した人から順番に亡くなります。

 

ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん

おじいちゃん、おばあちゃん

お父さん、お母さん

 

2016年の日本の平均寿命は男性が80.79歳、女性が87.05歳です。

出産の全国平均年齢は30.4歳です。

 

祖父祖母が亡くなるときは、(人口動向は若干無視)、孫は20歳くらい。

お父さんが亡くなるときは子供は50歳、お母さんが亡くなるときは子供は57歳です。

 

20歳前後で初めて優しくて大好きだった祖父母の死を経験し、

大人になり、結婚し、出産し(平均出産人数約1.4人)、自分の子供が成人するくらいに、自分の親が亡くなる。

 

これが日本の平均です。

そしてこの通り順番に亡くなっていったとしても家族が亡くなることはつらいことです。

 

そしてこれはあくまで平均です。

当然この通りにならない人は大勢います。

 

子供が親より先に死ぬのは、その悲しさ、無念さの最たる象徴でしょう。

家庭内での事故、交通事故、病気。

幼児で亡くなる場合も、小学生や中高生。成人を迎えたり、結婚して家庭を持ったり。

親にとっては子供はいくつになっても子供です。

たとえ40歳だろうが、50歳だろうが、親にとっては子供です。

そして親からしてみれな、当然自分のほうが先に死ぬと思うのは自然なことです。

 

一方、幼くして親を亡くしてしまう子供もいます。

headlines.yahoo.co.jp

 

親が先になるなるのが順番であっても、親に甘えたい盛りの子供にとってはあまりに酷すぎます。

これから反抗期になり、親を疎ましく思い、口論したり喧嘩したり。

成人して、就職して、結婚して、子供を産んで。

その過程で親のありがたみを知り、感謝し、また家族が再構築されていく。

成人式でも、就職でも、結婚、出産でも、親がいるところがほとんど。

たとえ幸せに歩んで行けても節目節目で親がいないという事実が突きつけられます。

それは結婚して家庭を築いても、ついて回ります。

 

「あのときは本当に後追いをするくらいつらくて、その後の人生も困難ばかりで…。でも産んでくれて、ありがとう」

 

なんて綺麗事だけではきっとは私なら思えないでしょう。

今でも子供が大好きだった父に、自分の子供を見せてあげられなかったことがつらく苦しく、子供の七五三や入園式、誕生日などさまざまなイベントのときに、子供の成長の喜びとともに、胸が締め付けられる思いがします。

またまわりと比べるつもりはなくても、家族のイベントで「おじいちゃんが…」って話を聞くと苦しくなります。

 

「家族を持てただけでもありがたいでしょ?」

「世の中には結婚もできなくて一人の人だって…」

「結婚して子供ができなくてずっとつらい人も…」

とどっかの誰かが抱えている悲しみや寂しさと比較され、「あなたは幸せよ」と悲しみ比べが始まることが多いですが。

 

結婚しずっとずっと子供ができず、父の生きる歓びに慣ればと頑張り続けてもダメだった。そんなときも結婚してるだけマシよ、って言われてしまうのでがオチ。

 

幼くして親を亡くしてしまったら、いったい何度そんな思いをしなければならないのか。

きっと成長していく過程で、どっかで誰かしらに「親は先に死ぬものだから、親の分までしっかり生きて」なんていう軽々しい言葉を言われるに違いありません。

 

きっと生まれてから親がいなかった人に出会ったら、「親が一瞬いただけでも幸せじゃん」などという悲しみ比べをふっかけられるかもしれません。

 

話があちこちに飛びすぎましたが。

 

人生はまわりと同じように生きることになんら価値はありません。

人と違うことは素晴らしく、後ろめたいことなど一つもありません。

同調主義、全体主義が強い日本では居心地が悪いかもしれません。

 

多様性と言われる昨今ですら、日本社会は全くそんなことはなく進んでもいません。

地震原発で避難してきた子供を同級生が恐喝し、先生がばい菌呼ばわりし。

自分とは少しでも異質な人間を、日本の村社会はとことん忌み嫌います。

 

人を亡くしてつらいのは誰でも同じです。

そこに悲しみ比べは意味はありません。しかし幼い子供にとってはあまりに過酷すぎます。

神様は時として背負いきれない十字架を簡単に背負わせます。

 

どうにか、どうにか・・・

 

 

PS

そう言えば私の母も、母が中学生か高校生のときに、母親を病気で突然亡くしていました。家の近くのバス停で倒れていたらしく人だかりができていたそうです。

覗いてみて母親と気づいたそうです。そのまま息を引き取ったとのこと。

 

私の母は、学生時に母親を突然病気で亡くし、そして伴侶を自殺で亡くしました。

そしてそんな母と私は、父の件依頼、ほぼ絶縁状態です。

 

人生は過酷です。