読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しみは海より碧く、深く〜suicide story〜

父の自死。私の人生。新たな命。苦悩、喜び、葛藤、そして生きるということ、死ぬということ。

大切な人を自死で失ったばかりの人へ

きっと混乱しているでしょう

 

これをしなさいということはありません。

感情を赴くままに出すことが大切です。

 

失った悲しみ

自責の念

後悔、悔やみ

怒り

不安

パニック

 

さまざまな感情が入り混じり嵐のような状態なはず。

大丈夫、その嵐自体は次第に治るから。

 

葬儀や手続きでてんやわんやで悲しんでいる暇がなかった人もいるはずです。

多くの場合はその後どっと押し寄せてきます。

でも、それに不安にならないでください。

心の正常な反応です。

 

食欲がない

眠れない

思い出す

不安感

イライラ

 

これも心と体の正常な反応です。

心療内科に行っても、抑うつうつ病と言われ、心と思考を強制停止する薬を処方されるだけです。

 

それにどっぷり浸かるとそれがないと生活ができず、薬と精神科医に管理された人生になってしまいます。

 

悲しみは当たり前、憔悴して当たり前。

だって大好きだったあの人、大切だったあの人が自ら逝ってしまったのだから。

 

その心の動きに付き合ってください。

それがグリーフケアなのです。

グリーフケアを何かにわざと追われるような生活をしたり、薬や精神科医に思考強制停止されてしまうと、後々が悲惨です。

 

後々のことを考えられないのは当たり前です。

大切な人の突然の死は、己の生命にも直結するくらいの重大な出来事なので。

 

失ったばかりのときは、ただただその人を想って想って想って、自分を責めて責めて責めて、打ち拉がれて、泣きじゃくって、食べれなくて、眠れなくて。そんな生活を送れるだけ送ってみてください。

 

学校や仕事がある人がほとんどでしょう。

元気に振る舞う必要はありませんが、誰も理解してくれません。

表面上の言葉で傷つくことも多々あるはず。

気にしちゃうでしょうが、気にしないよう。

 

誰も理解してくれません。

帰ってからまた泣きじゃくりましょう。

 

そんないつまでも立ち直れない自分に嫌気がさすかもしれません。

でも大丈夫。それ自体はずっと続かないから。

今はそれでいいの。数年それでもいいの。

悲しみは減らないし、止まない雨はあります。

でもその中での生き方をだんだん身につけていくのです。

 

一つオススメなのが、繋がりです。

遺族の会でも、ネットでもいいです。

あなたの嵐のような感情を聞いてくれる場を探してみてください。

 

居心地が悪ければすぐ撤退すればいいだけ。

遺族の会は、基本スタッフ(自死遺族の方が殆ど)がしっかり研修を受けてるので、不快な思いをさせられることはまずないです。

 

誰かと繋がることを意識してください。

 

あなたを取り巻いている嵐は必ず落ち着きます。必ずです。

大丈夫、絶対大丈夫。

 

気休めではありません。

大丈夫、絶対大丈夫。