悲しみは海より碧く、深く〜suicide story〜

父の自死。私の人生。新たな命。苦悩、喜び、葛藤、そして生きるということ、死ぬということ。

警察の現場検証は大切な人の自殺を目の当たりにしたばかりの私にはきつすぎた

父を下ろした私。

私の仕事が消防ということもあり、心肺蘇生も試みました。

しかしそれは絶望の中でのものでした。

 

死後硬直が始めっているのがすでにわかっていたからです。

でも僅かな希望を持ちながら下ろしました。

なぜならまだ腕や手に硬直はなく、少し温もりを感じたからです。

 

しかし、下ろした瞬間…

父が棒のように倒れていきました。

 

脚(四股)の硬直は死後およそ7時間ほど時間が経過しないと起こりません。

父が棒のように倒れていった瞬間、頭の中が一瞬無になりました。

真っ白ではなく、まるで宇宙に放り出されたような…。

 

そして嵐が頭のなかで起きました。

無駄だとわかっていても、必死で救急隊が来るまで心臓マッサージをし続けました。

 

たった数分が何時間にも感じました。

あぁ、助けを本当に求めている人にとってはこの数分が本当に時が止まったように感じ、その地獄の時間を耐えるしかないのだと強く強く実感しました。

 

先着したのは消防隊でした。

事情と私も同職ということを伝え、私は引き続き心臓マッサージを続け、消防隊はAEDを準備していました。

 

そしてすぐ救急隊が到着し、消防隊は救急隊にバトンタッチしました。

そして当然のことながらAEDは反応しませんでした。

それは生体反応がないからです。電気を流しても意味ないからです。

 

当たり前に知っていることなのに…

諦めかけようとしている救急隊を必死に止め、万が一があるかもしれないから救急車で病院に搬送してくれと懇願しました。

 

救急車の中で震える母と同乗し、搬送されました。

とても静かだったよな、とてもうるさかったような…

でも記憶の中には静寂だったイメージが強烈にあるのです。そんなはずはあり得ないのに…。

 

ちょっときついので次回にします。